北八ヶ岳・蓼科 素泊り・B&B、 天空のライブハウス 「 ピラタス 2 」

リーズナブル素泊り・B&Bの宿。泊まれる天空のライブハウス。

映画

小津安二郎記念館 無藝荘。

小津安二郎記念館 無藝荘。

IMG_20210125_132316-1-a
IMG_20210125_132358-1-s

無藝荘。

小津安二郎記念館「無藝荘」です。

IMG_20201228_102649-1

歴史秘話ヒストリア「小津安二郎 日常というドラマ」

7/1に無藝荘で取材がありました歴史秘話ヒストリア「小津安二郎 日常というドラマ」(NHK総合)の放送日が決まりした。
本放送 9月9日(水)午後10時30分〜 午後11時15分
再放送 10月6日(火)午後3時08分〜 午後3時55分(予定)

IMG_20200701_113816
IMG_20200701_110048

蓼科遊び【映画祭篇】

「 小津安二郎記念・蓼科高原映画祭 宿泊ツアー 」  小津安二郎記念・蓼科高原映画祭 公式HP

小津安二郎記念・蓼科高原映画祭 映画観賞、俳優・監督との交流パーティー、宿泊、小津安二郎記念館 無藝荘見学等の特別ツアー開催。

20190928_ozu700








<開催日>
令和元年9月28日(土) 〜 29日(日) 一泊二日

<ツアー特典>
お一人につき映画観賞券2枚付(両日有効)、ゲスト(俳優・監督)と交流パーティーの夕食(ビュッフェ料理・フリードリンク付)、蓼科高原にてご宿泊、各宿自慢の朝食付。

<スケジュール>
9月28日(土)  ※ 各自にてご移動をお願い致します。
茅野市民館・新星劇場にてお好きな映画やプログラムをご観賞ください。(スケジュール表ご参照)
※ 両会場おもてなしコーナーで寒天、味噌おでん、豚汁、ポップコーン、コーヒー等のサービス。
19:00 〜 茅野市民館内カフェ「アンダンテ」にて交流パーティー 20:30 終了予定。
(※ オプション  21:00 〜 別会場にて二次会の監督居酒屋 2,000円/人 別途)
各宿チェックイン  21:00 〜 23:30

9月29日(日)  ※ 各自にてご移動をお願い致します。
各宿にて朝食 〜 10:00 チェックアウト
茅野市民館・新星劇場にてお好きな映画やプログラムをご観賞ください。(スケジュール表ご参照)
※ 両会場おもてなしコーナーで寒天、味噌おでん、豚汁、ポップコーン、コーヒー等のサービス。
(※ オプション  10:00 〜 16:00 小津安二郎記念館・無藝荘にて抹茶・菓子の接待)

※ オプション  監督居酒屋(交流パーティー終了後、仲町公民館にて2,000円/人 別途)
          小津安二郎記念館・無藝荘にて抹茶・菓子の接待(入館料100円/人 別途)
          映画観賞券 追加 800円/枚

<ツアー料金>
映画観賞券2枚、交流パーティー参加費、朝食付宿泊費、保険代、諸税込

湖畔の温泉宿 蓼科(泊) ☎ 0266-67-2828
   ゆったり温泉自慢・焼立てクロワッサンの朝食
   8,300円(1室2名利用)、9,400円(1室1名利用)

ペンション ピラタス 2(泊) ☎ 0266-67-4150
   大自然に囲まれた標高1700mの天空の宿
   7,800円(1室2名以上)、8,800円(1室1名利用)

上映スケジュール
67756798_1485436688265109_2989700505380323328_n-s



























茅野市民館(映画祭上映会場)
0004_original-1-s















新星劇場(映画祭上映会場)
IMG_20180924_084232-s















小津安二郎記念館 無藝荘(抹茶・菓子の接待あり)
IMG_20181101_095326-s















交流パーティー(俳優・監督との懇親会)
0315_original-1-s















監督居酒屋(映画監督との交流会)
0337_original-1-s

小津安二郎記念館・無藝荘(むげいそう)開館日のお知らせ。

「無藝荘」は小津安二郎が昭和30年頃から蓼科の別荘として利用していたかや葺き屋根の建物です。2003年に小津の生誕100年を記念し建物の保全のため数100メートルはなれた現在の場所 (プール平) へと移築されました。小津は「東京物語」を撮り終えたころ蓼科にあった脚本家・野田高悟の別荘「雲呼荘」を訪れ、それ以降仕事場を蓼科に移し没するまでの 7作品すべてのシナリオがここで書かれたとのです。なお野田高悟の別荘であった雲呼荘は既に取り壊されてしまっており現存しません。当時の小津と野田、来訪者や蓼科の様子は雲呼荘に備え付けられていた日記(今で言う ゲストブック を合わせたような物?)である「蓼科日記」に克明に記されています。(蓼科観光協会HPより)
無藝荘開館日_2019-s
  • ライブドアブログ