北八ヶ岳・蓼科 素泊り・B&B、 天空のライブハウス 「 ピラタス 2 」

リーズナブル素泊り・B&Bの宿。泊まれる天空のライブハウス。

コンサート

8/30 石原雄介トリオ ジャズライブ!

石原雄介トリオ-1-s













ベーシスト石原雄介が結成したピアノトリオ。伝統的なジャズからモダンジャズ、オリジナル楽曲まで幅広い
レパートリーが特徴。田中和音(ピアノ)、長谷川ガク(ドラム)。

日時 : 8月30日(金) 開演:19:00 ( 開場:18:30 )

料金 : 一般 3,500円 ・ 学割 2,000円 (会場内飲食OK! 持込自由!)
     宿泊パック一般 7,500円 ・学割 6,000円

場所 : 天空のライブハウス 「ピラタス 2」
     長野県茅野市北山4035−2148

予約 : ☎ 0266 - 67 - 4150

石原雄介(Bass)
奨学金を得てバークリー音楽大学に入学。 在学中にElvin Joens Awardを受賞。卒業後はボストンを中心に演奏活動を行い2003年に帰国。活動の拠点を東京に移す。2011年〜2014年桐朋学園大学にてクラシック音楽の研鑽に励む。第36回浅草ジャズコンテストバンド部門にて金賞並びにソリスト賞を受賞。 2019年に石原雄介トリオを結成。アルバム「Dig Into Jazz」をリリース。ジャズを中心に様々なジャンルで演奏活動中。

田中和音(Piano)
幼少よりクラシックピアノを始め、大阪芸術大学在学中より演奏活動を開始。2010年ピアニストとして参加していた「あきは・みさき・BAND」が横浜ジャズプロムナード、金沢ジャズストリートにおいてグランプリを受賞。またアレンジャーとしても才能を発揮し、主にビッグバンド編成の編曲を数多く手掛けるほか、合唱譜多数出版。2015・2016年と2年連続で、サントリーホール・ブルーローズで行われた、ライム・レディースオーケストラコンサートにて、編曲・指揮・ピアノを担当。2017年、映画「キセキの葉書」(主演:鈴木紗理奈 監督:ジャッキー・ウー)の音楽を担当。

長谷川ガク(Drums)
高校入学と同時にドラムを始める。甲陽音楽学院を経て、2000年にバークリー音楽大学へ奨学金を獲得して留学。2005年から東京を拠点に活動を始め、現在は自己のトリオを中心に様々なグループに参加。近年ではマレーシア、中国、カナダ、インド、オランダ等の海外のジャズフェスティバルにも出演。2012年度JazzPage人気投票ドラム部門第一位を獲得。2017年North Sea Jazz Festivalに出演。2021年リーダー作として初のフルアルバムとなる”Jazz Standard Agent”を発表。幅広いミュージックシーンで人気を博しているドラマーである。

7/19 濤踏(とうとう)

日本を代表するジャズピアニスト板橋文夫。渡良瀬、Good bye など多くの名曲を創り出した。デビューアルバム『濤』から
40年の歳月を経て出会った奇跡の"無限”タップダンサー・レオナ。二人が最も信頼するベーシスト瀬尾高志を迎えて結成した
トリオ『濤踏』。怒濤に踏む!身体の躍動から紡がれるメロディーにリズム。根源的かつ無限。歴史が今、踏み拓かれる!!

toutou-2-s

















  板橋文夫(piano)            瀬尾高志(contrabass)     レオナ (Tap dance, 全身打楽器)

日時 : 2024年7月19日(金) 開演:19:00 ( 開場:18:30 )

場所 : 泊まれる 天空のライブハウス 「 ピラタス 2 」
    〒391-0301 長野県茅野市北山 4035-2148

料金 : 一般 ¥4,000 ・ 宿泊パック ¥8,000 ( ライブ + 宿泊 )
     学割 ¥2,000 ・ 宿泊パック ¥6,000 ( ライブ + 宿泊 )
   ( 会場内飲食OK! 持ち込み自由!)  ※ 朝食セット800円承ります

予約 : ☎ 0266-67-4150(ピラタス 2)


レオナ (Tap dance, 全身打楽器)  WEBSITE
タップダンスを主軸とするインプロヴァイザー。アートワーク・デザイン・企画・作曲・振付も手掛ける。1989年、東京下町うまれ。幼少の頃よりタップをはじめ、16才の春、渡辺かずみ(tap)氏に出会い、タップの虜になる。高校卒業とともに、NYへ修行に出る。10代よりソロ活動を開始。2011年、「タップがあって成り立つ音楽」をテーマに初めてリーダートリオを結成。この頃から作曲を始める。自身のタップ論、経験が大いに反映されている。近年は、メタルノイズ化著しく、自分の頭に鳴る音をタップで実体化する為に、タップシューズと木板の他、鉄板トタン鍋蓋ステンレスボウル等を持ち歩き、そこにあるものを駆使。聴覚と視覚の垣根を壊しながら活動。視覚面も聴覚面も自らの身体のみで行なうソロの他、中山晃子(Alive Painting)とのDUO / 赤い日ル女(voice)とのDUO などを展開。リーダーバンドは「濤踏」w/板橋文夫(pf) 瀬尾高志(cb) などを展開。自らの出す音を軸に置き、メンバーや自身の楽曲を即興演奏。また、ソロワークとして、稼働している工場との共演を重ねている。2021年、プレス加工工場とのセッション映像「レオナと 昭芝製作所」発表。2022年、鉄工所とのセッション映像「レオナと 織原鉄工」発表。2023年、「濤踏」CD ALBUM「と」「う」 2作同時発売。

板橋文夫(Piano)  WEBSITE
1949年 栃木県足利市出身国立音大付属高校から国立音大進学後、先輩である本田竹廣氏のピアノ演奏を聴いて、ジャズに開眼。在学中より演奏活動を始め、渡辺貞夫クインテットでプロデビュー。日野皓正クインテット、森山威男カルテットに参加する一方、自己のトリオでの活動も開始。エルビンジョーンズ(Drums)やレイアンダーソン(Trombone)とのワールドツアーにも参加。現在は2010年に結成した自身のトリオ“FIT!”を中心にジャズオーケストラやセッション、映画音楽など多彩な活躍。ジャズ以外でも様々なジャンルで活躍する人達とセッションを組み、<ジャズと はなにか?><即興と作曲とは?><音楽とは?><生きることとは?>と常に音楽の源流を模索し続けている。チョッパーでグリッサンドで煽りたて疾走するピアノの奏でる音楽は、時に強く、そして時に優しく暖かい!

瀬尾高志(contrabass)  WEBSITE
札幌生まれ。中学の吹奏楽部でコントラバスに出会う。北海道大学のジャズ研に所属。すすきの路上にて演奏を始め、その後キューバ、アメリカ各地を旅しながらセッションを重ねる。2006年、横浜ジャズプロムナードコンペティションに『石田幹雄トリオ』で出演しグランプリと横浜市民賞を受賞。羊の腸で作られたガット弦を使用しハーモニクス(倍音)を駆使したアルコ奏法は独自の世界を確立している。板橋文夫、林栄一等多くのジャズ演奏家、寺田町、七尾旅人、酒井俊,デーモン閣下等シンガー、能楽、ダンサーとの共演も多い。コントラバス集団『漢達の低弦』主宰。田嶋真佐雄、田辺和弘とThe Bass Collectiveを結成、アルバム『瞬きの森』をnagalu から発表。アメリカ、ヨーロッパ、ブラジル、シンガポール、韓国、台湾、マレーシア、オーストラリア等海外公演も多く行っている。独自の感性と探求心でジャンルの垣根なく活動している。

8/17 青柳 誠(ピアノ)&納 浩一(ベース) DUO ゲスト 金子マイト(バンドネオン)

unit-s












日時 : 2024年8月17日(土) 開演 : 18:00 ( 開場 : 17:30 )
    ( 会場内 飲食OK! 持ち込み自由! )

料金 : 予約 4,500円 ・ 当日 5,000円  ※ 中学生以下無料(要保護者同伴)
    宿泊パック 8,500円( ライブ + 素泊り ) ※ 朝食セット800円承ります

予約 : ☎ 0266-67-4150(ピラタス 2)

<プロフィール>
青柳 誠(ピアノ、サックス、作編曲、サウンドプロデュース) オフィシャルWEBサイト
京都生まれ。11982年、フュージョンバンド"ナニワエキスプレス"のサックス&キーボード奏者としてデビューし、解散、再結成を経て現在も活動中。ピアニストとして、自己リーダージャズアルバムを2枚リリース。コンテンポラリージャズグループ"EQ"、アコースティックユニット"森"などでも多くの作品をリリースしている。ブルーノート東京オールスタージャズオーケストラの一員としてデビッド・サンボーン、マーカス・ミラー、ジョン・ファディス、イヴァン・リンス、マシュー・ハーバート、ジェイコブ・コリアーらと共演。またサウンドプロデュースやアレンジ、ツアーのバンドマスターとして、谷村新司、岩崎宏美、paris match、松下奈緒、森山直太朗、柴田淳、JUJU、情熱大陸イベント、ライブ・イマージュ、ローソンマチカフェ、NHK「明日へつなげるライブ」「うたコン」など多くのアーティストや企画プロジェクト、テレビ番組の音楽にも携わっている。洗足学園音楽大学ジャズコース教員、オルタードミュージックスクール講師。

納 浩一(エレクトリック&アコースティック ベース) オフィシャルWEBサイト
大阪生まれ。京都大学卒業後バークリー音楽大学に留学。'85、'86年度のバークリー・エディ・ゴメス・アウォード受賞。'87年に同大学作曲編曲科を卒業。帰国後は都内のライブハウスやスタジオセッションを中心に活動。'96年〜'08年、渡辺貞夫グループのレギュラー・ベーシストとして、全国ライ ブハウスや、モントルージャズフェティバルを初めとする、海外ジャズフェスティバルなどに多数に出演した。'01 年より、大坂昌彦、小池修、青柳誠の3人とともに作ったユニット「EQ」で、8枚のアルバムのリリースし、2004年度の東京ジャズなど数多くのライブ活動を積極的に展開してきた。現在はクリヤ・マコト、則竹裕之と共にユニットを組み、「Acoustic Weater Report」というアルバムを’16年に発表し、国内ジャズフェスや日本中のライブハウスでの演奏活動を展開中。'97年7月、初リーダーアルバム“三色の虹”を、'99年3月には布川俊樹との 共同アルバム“DuoRama”をリリース。'06年1月、リーダー作“琴線/ The Chord“をリリース。‘09年3月、布川俊樹との 共同アルバム第2作目“DuoRama 2”をリリース。‘15年7月、布川俊樹との 共同アルバム第3作目“DuoRama Standards”をリリース。教則DVDは、「すぐ弾けるジャズ・ベース」「ジャズベース・スタンダード」(リットーミュージック)、「ウォーキング・ベース自由自在」「ウッド・ベースの嗜み」(アトス・インターナショナル)の4タイトルを制作。またジャズスタンダード曲集「ジャズスタンダード・バイブル1・2」「ジャズスタンダード・バイブル・フォー・ボーカル」やソロ集「ジャズスタンダード・バイブル for ADLIB」、ジャズの理論書「ジャズ・スタンダード・セオリー」をリットーミュージックより出版し、好評を博している。【stage】渡辺貞夫・森山良子・桑田佳祐・JUJU・石井竜也・加藤登紀子、など。【 recording】椎名林檎・今井美樹・嵐・平原綾香・ゆず、など。

金子マイト (バンドネオン)
2000年東京都町田市生まれ。麻布中高卒、東京藝術大学楽理科に在籍中。中高時代にバンドネオンの音色に惹かれ、15歳から平田耕治氏に師事。以降、音楽の道を志し藝大に進学。地球上の多様な音楽を理解すべく、音楽民族学を専攻している。麻布中高時代の友人で結成したトリオ”えばてん”でアルゼンチンタンゴを中心とした活動している傍で、バンドネオンを用いて様々な音楽への可能性を探るべく、シャンソンやフラメンコなどの他ジャンルの舞台にも参加。

9/20 STANDARD DOGS (STANDARD Duo Oyaji Gumi Su)

おやじ組-1-700













日時 : 2024年9月20日(金) 開演:19:00 ( 開場:18:30 )

場所 : 泊まれる 天空のライブハウス 「 ピラタス 2 」
    〒391-0301 長野県茅野市北山 4035-2148

料金 : 一般 ¥3,000 ・ 宿泊パック ¥7,000 ( ライブ + 宿泊 )
     学割 ¥1,500 ・ 宿泊パック ¥5,500 ( ライブ + 宿泊 )
    ( 会場内飲食OK! 持ち込み自由!)

予約 : ☎ 0266-67-4150(ピラタス 2)


プロフィール

田中真理(たなか しんり)ギター
大学在学時にジャズギターを矢堀幸一氏に師事する。バークリー音楽大学の奨学金オーディションに合格し1998年同校入学。ジャズギターをmick goodlick jim kelly john damian bruce burtletなどに師事ジャズインプロをHal Crookに師事する。ボストンで自己のグループで演奏活動、様々なミュージシャンと共演する。 バークリー卒業後帰国して、様々なジャンルでのギター演奏、DAWでの楽曲制作を様々なメディアへの提供したり音楽専門学校での講師を務める。2017年にアルバム名「QuietMajority」を発表。演奏活動を都内や関東近郊と信州を中心に活動している。2018年には台湾ツアー、コロナ前の2019年秋には北京ツアーなども行う。2020年に自己のユニットにてクリスマスチャリティコンサートを世田谷タウンホールや開催し好評を得る。(その後同じユニットで新宿ピットインなどで演奏活動する)2021年の秋には田中真理カルテットから、アルバムタイトルSIERRA LEONEを2021.9.22に発表。ジャンルに囚われず、独特な楽曲の世界観はジャズファンのみならず様々な方面においても評価されている。

小暮哲也(こぐれ てつや)ギター
千葉県出身。1971年2月3日 生まれ。14才のとき、ギターを始める。チャーリー・クリスチャン、ウエス・モンゴメリーやジョー・パス、ケニー・バレルなど偉大なジャズギタリストたちの演奏を聴き、その後グラントグリーンの音楽と出会いその歌心の魅力に惹かれていく。岡安芳明氏に師事。サラリーマンとして働く傍らギターをひたすら練習し千葉県、都内、横浜のジャズクラブやライブハウスを中心に修行。2010.12.15ホワッツニューレコードより待望のリーダーアルバム”Am I blue?”発表!(岡安芳明プロデュース)確かなオリジナリティとあのフレーズが融合、和製グラント・グリーンがデビュー(Jazz guitar book誌より)グリーンのスタイルを受け継ぎブルージーなフレーズを迷うことなく正攻法にシングルトーンで歌い上げる。無駄な速弾きなどしないで一音一音じっくりと自分のフレーズで歌っているところが素晴らしく、ミディアムテンポのスウィング感は絶品。(Jazz life誌より)2011.3.20小暮哲也カルテットplus岡安芳明NHKセッション2011に出演。今、最も注目を集めるギタリストとして高い評価を得る。2012 豪華客船飛鳥兇脳暮哲也カルテット出演。SB 食品に曲を提供する。2013 モーションブルー横浜に小暮哲也カルテット出演。豪華客船飛鳥兇脳暮哲也カルテット台湾ツアー2度目の出演。2014 モーションブルー横浜 小暮哲也トリオ出演。小暮哲也トリオ 東海地方&大阪ツアー現在、自己のジャズギタースクールで積極的に指導をしている。ソロギターは、本千葉れすとらん邪夢にて毎月おこなっている。

7/27 石川寛子(vn) ・ 中西陽一(pf) DUO

ishikawa nakanishi3-1-s





























デュオコンサート   珠玉のヴァイオリンソナタ

<プログラム>
  モーツアルト  ヴァイオリンソナタ 21番 ホ短調 KV304
  ブラームス   ヴァイオリンソナタ 1番 変ホ長調
               休憩
  フランク    ヴァイオリンソナタ イ長調


日時 : 2024年7月27日(土) 開演:18:00 ( 開場:17:30 )

場所 : 泊まれる 天空のライブハウス 「 ピラタス 2 」
    〒391-0301 長野県茅野市北山 4035-2148

料金 : 一般 ¥4,000   宿泊パック ¥8,000 ( ライブ + 宿泊 )
     学割 ¥2,000   宿泊パック ¥6,000 ( ライブ + 宿泊 )
    ( 会場内飲食OK! 持ち込み自由!)

予約 : ☎ 0266-67-4150(ピラタス 2)

石川寛子(vn) プロフィール
3歳より母親の手ほどきでヴァイオリンを始める。12歳でブルッフヴァイオリンコンチェルトをオーケストラと共演。東京音楽大学付属高校入学から東京音楽大学特待生入学。大学1年時に八千代市文化振興財団より留学助成金を受け、渡欧。ウィーン国立音楽大学に入学し、首席(auszeichnung)卒業。在学中は全日本学生音楽コンクール入選、ソリストコンクール入賞、東京交響楽団とのメンデルスゾーン協奏曲共演、オーストリアでは教会ミサや福祉施設、ブラームスハウスでのコンサート等、国内外で演奏活動を行う。帰国後は、世界各国の女性ソリストで結成されたスーパー・ポップ・インストゥルタルユニットUNISONのメンバーとして活動。結成と同時にCD『Music Box』をリリース。その他、これまでにCD『REMEMBLANCE』『祈り』『La Vita』をリリース。現在は多岐にわたるジャンルでの音楽活動を展開。ソロ活動の他、ライムレディースオーケストラ コンサートミストレスを務め、J-pop、k-popアーティストのサポートとしてレコーディングやコンサート(武道館他)、TV(ミュージックステーション、NHK他)出演など多数。

中西陽一(pf)プロフィール
母に音楽の手ほどきを受けた後、ピアノを新井精、ジャズを本間英紀、音楽理論を彦坂恭人、指揮を新田孝に師事。ニース地方音楽院のピアノコースでPascal Rogeに学び、卒業演奏会に出演し好評を博す。また、2022年7月に東京芸術劇場でオリジナル作品の 合唱曲「Summer Prayer」及びオーケストラ曲「不思議なFantasia」を発表、チャイコフスキー作曲の「白鳥の湖」組曲とともにオーケストラ指揮デビューを果たす。ピアノ曲、ヴァイオリン曲、合唱曲、オーケストラ曲の他、母校千葉県立船橋高校野球部の応援マーチなど幅広い作曲活動を続けている。
  • ライブドアブログ