北八ヶ岳・蓼科 素泊り・B&B、 天空のライブハウス 「 ピラタス 2 」

リーズナブル素泊り・B&Bの宿。泊まれる天空のライブハウス。

ライブ

8/28 木暮"shake"武彦 ソロツアー2022 Guest:ARIA(violin)

shake&aria-s




















毎回大好評。元レベッカ、レッドウォーリアーズのギタリスト"shake"と
演奏力・ライブパフォーマンスが高評価"ARIA"の共演!

日時 : 8月28日(日) 開演:19:00 ( 開場:18:00 )

場所 : 泊まれる 天空のライブハウス 「 ピラタス 2 」
    〒391-0301 長野県茅野市北山 4035-2148

料金 : 前売 ¥4,500 当日 ¥5,000
    ( 会場内飲食OK! 持ち込み自由!)

予約 : ☎ 0266-67-4150(ピラタス 2)

10/28 Musica Solare ライブ!

La greine-2-s








小夜子/バイオリン 相良博/ギター 藤巻良康/ベースからなるユニット。メンバーのオリジナル曲から
親しみやすいポップスやジャズ、ボサノバのカバー曲まで、幅広いレパートリーで各種イベントで活躍中。
グループ名は「太陽の音楽」という意味。どんなに雨予報でもライブがある日は晴れる事から。今回は
スペシャルゲストとして、滝澤健一/ピアノ、ヒロト/ドラムを迎えてお届けします。

日時 : 10月28日(金) 開演:19:00 ( 開場:18:30 )

場所 : 泊まれる 天空のライブハウス 「 ピラタス 2 」
    〒391-0301 長野県茅野市北山 4035-2148

料金 : 一般 ¥3,500   宿泊パック ¥7,000 ( ライブ + 宿泊 )
     学割 ¥2,000   宿泊パック ¥5,500 ( ライブ + 宿泊 )
    ( 会場内飲食OK! 持ち込み自由!)

予約 : ☎ 0266-67-4150(ピラタス 2)


小夜子(さよこ)バイオリン
3才よりバイオリンを始める。6歳で渡米、自由な環境で音楽に親しむ。 帰国後ポップスなど幅広い音楽に興味をもち、独学で演奏する。 
お茶の水女子大学卒業、栄養士資格を取得するも、音楽の道を志す。ジャンルを問わず様々なアーティストのライブやレコーディングに参加、またテーマパーク、ショー、演劇で演奏する傍ら、ソロや自身のユニットでライブ活動を開始。 ポップス・ジャズバイオリンの第一人者の中西俊博氏に師事。作曲も手掛け、ライブでも自作を披露、5弦バイオリンやエフェクターを活用したエレキバイオリン演奏も挑戦するなど、型にはまらない異色のバイオリニストである。 
2018年11月、セルフプロデュースによる初のソロアルバム「LIFE」をリリース。様々なミュージシャンとのコラボや自身のユニットでもアルバムをリリースするなど、精力的に活動中。

相良博(さがら ひろし)ギター
安曇野市在住。日本を代表するビッグバンド「♯&♭」のギタリスト岩見淳三氏との交流が深く、バークリー・メソッドを主軸とするジャズギターほか様々な技術を習得。ジャズの中川武(cl)やMaria Eva(vo)、ラテンの高橋ゲタ夫(b)やTonny Guppy(pan)、ロック・フォークでは竹田和夫(g)、吉川忠英(g)や吉崎ひろし(bj)らと共演するなど、セッションプレイヤーとして様々な形態やジャンルで活動する。NHK番組「ひるとくプラザ」出演、日本酒「真澄」のCMレコーディングのほか、島村楽器松本パルコ店ギター講師を務め、第18回全国みどりの愛護のつどいでは皇太子同妃両殿下の御前演奏にも参加。幅広い音楽性と対応力により、多くのオファーが絶えない人気ギタリスト。

藤巻良康(ウッドベース・作編曲)
’77長野県坂城町出身。高校在学中よりエレキベースを始め、大学入学を機に上京。卒業と同時にプロとしてのキャリアをスタートさせる。'22現在までの主な活動は、NHKBS番組「アーカイブス」の主題歌録音、NHK教育番組「どんとこい民謡」での民謡歌手、小湊美和のサポート演奏、NHK番組「ひるとくプラザ」にて、佐々木秀実、堀内実智代、汐入きよなど、様々な歌手のサポート演奏。キューバ海外演奏にてバンボレオなどの現地ミュージシャンとの共演、ニューオリンズにてネヴィル・ブラザーズのシャーメイン・ネヴィルとの共演、銀座十字屋ホールにて世界的オペラ歌手ヴィクトル・ディアスのサポート、サックス奏者・物井光太朗、ヴァイオリニスト・Tsumuzi、二胡奏者・高山賢人、Reika TrioのCD参加、バンダイナムコの人気ゲーム「エースコンバット7」テーマソングのリモートコラボなど、ジャンル、形態問わず幅広く活動する。エレキベース、ウッドベースを納浩一氏、クラシック奏法を岩木春樹氏、ラテン奏法、クラシック和声、作編曲を深井克則氏に師事。

滝澤健一(ピアノ)
小学校時代にピアノの基礎を学ぶ。大学時代にジャズに目覚めジャズオーケストラでベースを担当。卒業後ピアノに転向。以後、県内外のライブハウス、他にてLIVE活動中。自身のユニット「タキさんバンド」の他、共演多数。ピラタス2での演奏は二回目。1949年生まれ上田市在住。

高沢大翔(ドラム)
2歳からドラムに触れ、5歳からドラム&パーカッションの片桐聡福氏に師事。今ではドラムを自在に操るプレイには定評があり、各プレイヤーとのコンサートにも精力的に参加している。

10/16 RICH&RICCI

スペシャルギターデュオ RICH & RICCI ( リッチアンドリッチ ) で「 What We Like 」をリリース。
雑誌ジャズ批評やJAZZ LIFEに掲載。またFmラジオ番組等で放送され人気を集める

RICH&RICCI-1-s





























出演 : JOSEN(Guitar)・ FABIO BOTTAZZO(Guitar)

日時 : 10月16日(日) 開演:18:00 ( 開場:17:30 )

場所 : 泊まれる 天空のライブハウス 「 ピラタス 2 」
    〒391-0301 長野県茅野市北山 4035-2148

料金 : 一般 ¥4,000   宿泊パック ¥7,500 ( ライブ + 宿泊 )
     学割 ¥1,500   宿泊パック ¥5,000 ( ライブ + 宿泊 )
    ( 会場内飲食OK! 持ち込み自由!)

予約 : ☎ 0266-67-4150(ピラタス 2)


<プロフィール>

JOSEN (ジョウセン・定仙哲也)
1994年よりプロとして活動開始。山口真文 (TS)、佐山雅弘 (P)、中牟礼貞則(G)、大森明 (AS)、大山日出男(AS)、池田篤 (AS)、伊勢秀一郎(TP)、高内春彦 (G)、多田誠司 (AS)、竹内直 (TS)、坂井紅介(B),納浩一(B)、トミー ヨルディー(B)等と共演。2016年、1stリーダーアルバム  JOSEN'S JAZZ をリリース。 JAZZ LIFE誌4月号に、インタビュー、CDレビュー掲載。NHK FM The SESSION 2016 自己のグループで出演。2018年、2stリーダーアルバム [ family ] をリリース。JAZZ LIFE誌6月号に、インタビュー、CDレビュー掲載。2021 年 Fabio Bottazzo(g)とのスペシャルギターデュオRICH & RICCI(リッチアンドリッチ)で「What We Like」をリリース。雑誌ジャズ批評やJAZZ LIFEに掲載。またFmラジオ番組等で放送され人気を集める。また各地でギターセミナー「コンビネーション オブ オーギュメント」開催、大好評を受ける。現在は、座小田諒一(b) 原 大力(d)とのトリオや様々なセッションで活躍中。また後進の指導にあたる他、テレビ番組への演奏提供などもつとめる。

Fabio Bottazzo (ファビオ ボッタッツォ)
ギタリスト、作曲家。演奏は、繊細で、空間を大切にすると評されることが多い。イタリア北部、バトヴァ生まれ。1996年バーークリー音楽院のサマースクールに参加。2002年ローマの「ウニヴェルシタ・デッラ・ムージカ」で、ディブロマを取得。パット・メセニー、ウォルフガング・ムースビールなどのマスタークラスに参加し、チャーリー・パナコスにも師事。2004年から日本を拠点に活動。2010年、森泰人(B)、セバスティアン・カプテイン(D)とのトリオで、オリジナル曲中心のアルバム「It's no Coincidence」を発表、「ジャズ批評」誌で「My Best Jazz Album 2010」の14位に選ばれた。2018年、木村秀子(P)、土村和史(B)、嘉本信一郎(d)とのカルテット「#11」(シャーフ・イレブン)で、アルバム「Sharp Eleven」を全国発売、全世界配信。

6/10 石川寛子(vn) 中西陽一(pf) DUO 天空の調べ♪

ishikawa nakanishi1-s


















ここ天空のピラタスから飛び立ち、日本のポップス、演歌、そして海を渡り東欧のジプシー、西洋クラシック、
ディズニーの名曲、世界の映画名曲、ラテン、南米タンゴ、ぐるっと世界一周して日本名曲など、
本場ウィーンで学び遊び、世界を愛し旅をした石川寛子と、中西陽一で巡り巡る調べをお届けします。

日時 : 2023年6月10日(土) 開演:18:00 ( 開場:17:30 )

場所 : 泊まれる 天空のライブハウス 「 ピラタス 2 」
    〒391-0301 長野県茅野市北山 4035-2148

料金 : 一般 ¥4,000   宿泊パック ¥7,500 ( ライブ + 宿泊 )
     学割 ¥2,000   宿泊パック ¥5,500 ( ライブ + 宿泊 )
    ( 会場内飲食OK! 持ち込み自由!)

予約 : ☎ 0266-67-4150(ピラタス 2)

石川寛子 プロフィール
3歳より母親の手ほどきでヴァイオリンを始める。12歳でブルッフヴァイオリンコンチェルトをオーケストラと共演。
東京音楽大学付属高校入学から東京音楽大学特待生入学。大学1年時に八千代市文化振興財団より留学助成金を受け、渡欧。
ウィーン国立音楽大学に入学し、首席(auszeichnung)卒業

在学中は全日本学生音楽コンクール入選、ソリストコンクール入賞、東京交響楽団とのメンデルスゾーン協奏曲共演、オーストリアでは教会ミサや福祉施設、ブラームスハウスでのコンサート等、国内外で演奏活動を行う。

帰国後は、世界各国の女性ソリストで結成されたスーパー・ポップ・インストゥルタルユニットUNISONのメンバーとして活動。結成と同時にCD『Music Box』をリリース。その他、これまでにCD『REMEMBLANCE』『祈り』『La Vita』をリリース。現在は多岐にわたるジャンルでの音楽活動を展開。

ソロ活動の他、ライムレディースオーケストラ コンサートミストレスを務め、J-pop、k-popアーティストのサポートとしてレコーディングやコンサート(武道館他)、TV(ミュージックステーション、NHK他)出演など多数。


中西 陽一 プロフィール
母に音楽の手ほどきを受けた後、ピアノを新井精、富永峻、ジャズを本間英紀、音楽理論を彦坂恭人、指揮法を新田孝に師事。ニース地方音楽院のピアノコースでPascal Roge に学び、卒業演奏会に出演し好評を博す。

オリジナルのヴァイオリン曲、ピアノ曲を京成バラ園、ベヒシュタインカフェ・コンサートなどで発表。その他合唱、オーケストラ曲など作曲。

11/12 MALA YUNTA TRIO(マラ ジュンタ トリオ)

タンゴ、ワールドミュージック、クラシック を あなたに。

MALA YUNTA TRIO-s












 平田耕治 / バンドネオン、 アリエル・ロペス・サルディーバル / ギター、 エミリオ・テウバル / ピアノ

日時 : 11月12日(土) 開演:18:00 ( 開場:17:30 )

場所 : 泊まれる 天空のライブハウス 「 ピラタス 2 」
    〒391-0301 長野県茅野市北山 4035-2148

料金 : 一般 ¥4,000   宿泊パック ¥7,500 ( ライブ + 宿泊 )
     学割 ¥2,000   宿泊パック ¥5,500 ( ライブ + 宿泊 )
    ( 会場内飲食OK! 持ち込み自由!)

予約 : ☎ 0266-67-4150(ピラタス 2)


<プロフィール>

平田耕治 / バンドネオン
横浜市出身。逗子開成中・高等学校卒業。洗足学園音楽大学・音楽音響デザインコース・作曲専攻卒業。2009年ブエノスアイレス市立オルケスタ・エスクエラ・デ・タンゴ卒業。13歳でバンドネオンを始める。16歳で単身ブエノスアイレスに渡り、故カルロス・ラサリ氏宅に住込みで師事。翌年からネストル・マルコーニ氏、他にも併せて師事。その後、日本では岡本昭氏、西塔祐三氏など日本の往年のマエストロに薫陶を受ける。2005年、秋山和慶氏、2017 年原田幸一郎氏の指揮により洗足学園前田ホールにてソリストを務める。これまで に、フランス、カナダ、ウルグアイ、韓国、シンガポール、タイ、アメリカ合衆国、ポルトガル、中国などでも演奏。アルゼンチンで結成した【CAMBAtango】は、2009年、2011年、2013年、2015年に日本ツアーを開催。2010年アルゼンチン外務省派遣グループとして動員15万人を超すポルトガルのフェスティバル「フェスタ・ド・アバンテ」に出演。2014年9月外国人としては異例の2度目のアルゼンチン外務省の後援を受けニューヨーク公演。2015年 NHK-FM「リサイタルノヴァ」出演、2016年アルゼンチン・ロサリオでの音楽フェスティバルにゲスト出演。 2017年から日本初の音楽大学でのバンドネオン講師として洗足学園音楽大学、ワールドミュージックコース科に招かれる。2019年「東アジア文化都市2019」に選出され自身のグループを率いて泉州公演を行なう。

アリエル・ロペス・サルディーバル / クラシックギタリスト
1974年ブエノスアイレス生まれ。7歳より父からギターを学び、その後フアン・ホセカストロ 音楽学校に入学。日本はもとより世界的に有名なギタリスト、イルマ・コスタンソに師事。アルゼンチン、スペイン、パラグアイなどで数々の賞を受賞。1998年マドリッドで開催された「Infanta Cristina」コンクールでファイナリストに選出。ソリス トとして「Orquesta Juveinil」で活躍 2001 年〜2002年の間は「Teatro Presidente Alvear」(大統領アルベアル劇場)にて演奏。国営ラジオ出演やアルゼンチンはもとより、アメリカ合衆国、シンガポール、フランス、イギリス、 スペイン、パラグアイ、ブラジルなどで様々なコンサートに出演。パリの「Teatro Opera Comique」やニューヨーク国際イベントで演奏。 世界3大オペラ劇場である「Teatro Colon」にも度々出演。2018年1月、クルーズ客船「The World」船内にてソロコンサートを行う。2007年から平田耕治との共演を重ね、世界各国で好評を博している

エミリオ・テウバル / ピアニスト・作曲家
1999年以来ニューヨークにて活動中。2018年のラテングラミー賞受賞アルバム「Vigor Tanguero」にピアニストとして参加。「Memorias de Otro Tiempo」として、4枚のアルバムをリリース。2013年ベストアルバムとして選ばれ、デジタルオンラインストアE-Musicのトップ100アルバムに入れられた "MusicaPara Un Dragon Dormido"(BJURecords 2013)を発表。:La Balteuband(2006)とUn Monton de Notas(2009)を発表。Marta Gomez賞、Fernando Otero 賞、Phillippe Quint賞、ニューヨークの Tango and Jazz シーンの重要メンバーとして活躍。2007年、Meet The Composer の名高い Van Lier Fellowship を受賞。リンカーンセンター、ケネディセンター、ブルックリン音楽アカデミー、シンフォニースペース、ブルーノート、バードランド、ルポワ・ソンルージュなど、アメリカで最も権威のある会場や劇場でバンドリーダーおよびサポートメンバーとして参加。また、今までにメキシコ、グアテマラ、カタール、スペイン、アルゼンチン、日本などの国で演奏を行う。
  • ライブドアブログ