「無藝荘」は小津安二郎が昭和30年頃から蓼科の別荘として利用していたかや葺き屋根の建物です。2003年に小津の生誕100年を記念し建物の保全のため数100メートルはなれた現在の場所 (プール平) へと移築されました。小津は「東京物語」を撮り終えたころ蓼科にあった脚本家・野田高悟の別荘「雲呼荘」を訪れ、それ以降仕事場を蓼科に移し没するまでの 7作品すべてのシナリオがここで書かれたとのです。なお野田高悟の別荘であった雲呼荘は既に取り壊されてしまっており現存しません。当時の小津と野田、来訪者や蓼科の様子は雲呼荘に備え付けられていた日記(今で言う ゲストブック を合わせたような物?)である「蓼科日記」に克明に記されています。(蓼科観光協会HPより)
無藝荘開館日_2019-s